薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師で働くメリットとデメリット

派遣薬剤師で働くメリットとデメリット

家庭や育児との両立が必要な方や、プライベートな時間を大事にしたい方にとって派遣薬剤師という働き方はぴったりですが、デメリットもきちんと認識しておきましょう。

 

派遣薬剤師のメリット
  • パート薬剤師よりも時給が高い
  • パート薬剤師の時給は高くても2500円程度ですが、派遣薬剤師だと3000円〜、中には4000円を超える求人もあります

     

  • 働く曜日や時間を自由に設定できる
  • 自分で曜日や時間を設定できるので、家庭やプライベートを充実させやすいのはもちろん、もし退職することになっても正社員に比べるとストレスは少なくすみます

     

  • 福利厚生を受けられる
  • 派遣元の基づきますが、一定条件を満たせば福利厚生を受けることもできますし、有休、産休・育休も取得可能です。

     

  • キャリアアップしやすい
  • 薬局、病院、企業など勤務先を選べるので、様々な経験を積むことができ、スキルアップにつながります。

 

 

 

派遣薬剤師のデメリット
  • 派遣先ごとに仕事内容が変わってしまう
  • 契約が満了するたびに派遣先が変わるので、仕事内容をその都度、覚えなおす必要があります(逆にいえば、色々な経験ができるのでメリットともいえます)

     

  • 収入が安定しない
  • 派遣薬剤師の時給は高いものの、あくまでも契約期間内でのことなので、契約期間が終わってしまうと収入が入ってこなくなります。収入の不安定さは正社員と比べると否めません。

     

  • 責任のある仕事を任されない
  • 派遣薬剤師は契約期間内でしか仕事をしないので、重要な仕事や責任のある仕事は任されることが少ないです。メリットの裏返しでもありますが、スキルアップをしたい、責任のある仕事も経験したいと望む方にとってはデメリットといえますね。

 

いかがでしょうか?
デメリットはあるものの、自由な時間に働けて高収入を得られる派遣薬剤師はメリットが多いと言えますね。そして、そのメリットを受けるには、きちんとした薬剤師派遣会社に複数登録しておく必要があります。

 

 

派遣会社を選ぶポイント

派遣会社を選ぶポイント

 

きちんとした薬剤師派遣会社を選ぶためにはいくつかポイントがありますので、これらも派遣会社を選ぶ際にぜひ参考にして下さいね。

 

優良派遣事業者認定企業を取得している

厚生労働省が認定しているもので以下の条件を満たしている企業に与えられるものです。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

 

求人数が多く、様々な業種を網羅している

求人数が多いだけではなく、非常勤求人(派遣・パートなど)が充実しているかも重要なポイントです。

 

求人内容や職場環境について詳しく把握している

実際の業務内容や、職場の人間関係まできちんと把握している派遣会社のほうが安心です。

 

交渉力のある専任コンサルタントがいる

細かい条件でも、希望を叶えるための交渉を行ってくれる専任コンサルタントがいると心強いですね。