薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

パート勤務、派遣勤務、契約社員の違いって?

雇用形態の違い

 

薬剤師で派遣薬剤師として働くことを考えている方は、正社員としての勤務は時間的に厳しいので、すきま時間に働きたい、そんな方が多いですよね。

 

似たような雇用形態として「パート」や「契約社員」がありますが、違いはご存知でしょうか?

 

正社員

契約期間がなく、決まった時間仕事に従事する働き方です。賞与や退職金などの手当ても出ますし、福利厚生も利用できます。
仕事内容も評価されるのでキャリアアップを望むことができる反面、残業が多かったり拘束時間が長いなどのデメリットがあります。

 

パート(アルバイト)

週○日、×時〜×時まで、といった形で、曜日と時間を決めて働くのがパート(アルバイト)の働き方です。短時間勤務ができるので、主婦の方や小さい子供のいるママ薬剤師に人気があります。給与は時給で支払われることが多いです。賞与や退職金がないのがデメリットといえます。

 

派遣社員

派遣会社に登録し、就業先を紹介してもらうタイプの働き方です。雇用主は派遣会社になり、給与も派遣会社から支払われます。
パート(アルバイト)と同様、週○日、×時〜×時まで、といった形で、曜日と時間を決めて働くことができますが、パート(アルバイト)よりは時給がよく、条件を満たせば福利厚生が受けられるのが特徴です。

 

契約社員

「派遣社員」と一番似ていますが、大きな違いは就業先に直接雇用されているという点です。給与も就業先から支払われます。
正社員に採用されることもあったり、成果によっては月給が正社員よりも高いこともあるなどメリットも多いですが、派遣会社といった第三者的機関と通さないので、契約更新や、契約内容の交渉は自分で行わなければなりません。

 

それぞれにメリット・デメリットはもちろんありますが、特徴をよく理解して雇用形態を決めるようにしましょう。詳しいことは派遣会社の専門コンサルタントに聞くといいですね。

 

 

雇用形態の違いのまとめ

雇用形態 雇用主 メリット デメリット
正社員 勤務先

・安定した収入がある
・福利厚生が受けられる
・賞与・退職金がある
・スキルアップができる

・拘束時間が長い
・責任が重い

パート

(アルバイト)

勤務先

勤務時間、曜日を選択できる

 

・福利厚生が受けられない
・他の雇用形態よりも収入が低い

派遣社員 派遣会社

・勤務時間、曜日を選択できる
・条件を満たせば福利厚生が受けられる
・交渉ごとは派遣会社がしてくれる
・色々な経験ができる

・責任のある仕事が任されにくい
・契約満了ごとに勤務先が変わる

契約社員 勤務先

スキルよって高収入が得られる

 

・契約更新がされないこともある
・契約内容など自分で交渉する必要がある