薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

かしこい薬局の選び方

派遣薬剤師

みなさんは薬局を探される際、何を基準に決められますか?

 

「電車で通勤したいから駅から近い方がいい」
「スーパーの横にある薬局だと帰りに買い物ができるから便利」

 

など、立地や環境を優先されるということはありませんか?

 

もちろんそのような要素も続けていくうえでとても重要なことだとは思いますが、実は同じ調剤薬局でもその業務内容によって働きやすさもまったく異なってくるものなんですよ。

 

ここでは、特にブランクがある方や未経験の方にとって働きやすい薬局がどのようなものなのかということについてお話ししたいと思います。

 

 

薬局の立地による業務内容の違いとは

それでは、薬局によってどのような違いがあるのでしょうか。

 

薬局と言っても、大型病院の門前薬局、個人クリニックの横にある薬局、駅前にある薬局、郊外にあるドラッグストアに併設された薬局…などなど、実に様々な形態がありますが、当然それぞれ特徴が異なります。

 

大型病院の門前薬局

大型病院とはいわゆる科目数の多い、総合病院のことを指しています。内科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・小児科…などなど、その科目数は非常に幅広いものです。そのような大型病院の門前薬局では当然かなり忙しところが多いもの。

 

また、科目数が多いと言うこともあり、幅広い知識も必要となります。ただ、ひと通りの勉強はできるというメリットもありますので新人薬剤師や2〜3年目の薬剤師にとってはぜひ経験しておきたい薬局であると言えます。

 

 

個人クリニックの横にある薬局

 

派遣薬剤師

個人クリニックの規模やDrの勤務体制、科目によっても様々ですが、Drが1人で診察しているようなクリニックだと処方せんも1人ずつやってきてくれますので、かなりローペースで働くことができます。

 

当然クリニックの休憩時間にはほとんど処方せんがきませんので、ゆっくりとコーヒータイムを取っているような薬局も中には存在します。

 

特に整形外科や眼科の門前薬局だと処方内容もそこまで複雑ではありませんので、未経験の方やブランク明けの方にとっては働きやすい職場である可能性が高いでしょう。

 

 

駅前にある薬局

 

駅前にある薬局については、近くにクリニックなどがいくつか存在する場合が多いのではないかと思うのですが、やはり広域のいろんな処方せんを持ってこられる可能性があります。店舗に在庫が無いような薬がいくつも載った処方せんを持ち込まれることもよくあり、不足による配達を余儀なくされる場合も出てきます。他の薬局に不足薬を分譲してもらう必要が出てくるような場合も買いに出なければなりません。

 

そのようなケースの多い薬局であれば、薬局の外にしょっちゅう出ていかなければならないかもしれません。できれば薬局の中でゆっくり働いていたいという方にはあまりお勧めできない薬局だと言えるでしょう。

 

 

郊外にあるドラッグストアに併設された薬局

 

派遣薬剤師

このような薬局に関しては多数の処方せんを受け付けるということはほとんどありませんが、むしろ調剤室にいる時間よりも売り場にいる時間の方が多い場合もあります。

 

そうなると、調剤の仕事よりもドラッグストアの仕事を多くこなさなければならないかもしれませんね。

 

ドラッグストアは品出しなどの業務が体力的にもかなりハードであり、よほど体力に自信がないと辛い仕事になってしまう可能性があります。

 

 

 

以上のように、薬局の立地による業務内容の違いについてお話してきましたが、少しはイメージしていただくことはできましたでしょうか。ぜひ薬局を選ばれる際の参考にしてみてください。

 

それでは次に、立地とは別に注意しておきたいポイントについてお話ししていきたいと思います。

 

 

勤務する薬剤師の人数は?施設調剤や在宅などはおこなっている?

続いては、立地だけではわからない部分についてお話ししていきたいと思います。

 

少人数の薬局は要注意

 

科目数の少ないクリニックのそばにある薬局は、処方せん枚数も少ないことから薬剤師を複数常駐させておく必要がありません。そのようなことから常時1〜2人体制で業務を行っていることも珍しくなく、パート勤務の薬剤師のみでまわしているような薬局も中には存在します。

 

規模が小さいからそんなに忙しくないだろうと思って就職してみたものの、フタを開けてみれば1人調剤をしなければならない職場だったということはよくある話。私の友人でそのような働き方をしている人もいます。面接の時には1人調剤の話は特に聞いていなかったみたいなんですけどね。子育てのブランク明けでパート勤務として復帰したのに、1人調剤でかなりしんどい思いをしたって言ってました。

 

そのあたりも慎重に見極めつつ職場探しをしていただく必要があるでしょう。紹介会社の担当者に事前に確認しておくと良いですね。

 

 

施設調剤や在宅業務を多数行っている薬局には要注意

 

派遣薬剤師

高齢化社会が進むにつれて、特別養護老人ホーム(特養)や有料老人ホームなどの需要が高まっています。そんななか、100人以上入居されているような特養の調剤を1つの薬局がすべて引き受けているということもよくある話。

 

自宅から近く、普段、待合に患者さんもあまり座っていないような薬局だから暇な店だろうと思って働きに出てみたら大型施設を複数抱えた薬局であり、非常に忙しい店だったなんてこともよく耳にします。施設調剤を複数抱えるということは、入居者の方の定期薬+臨時薬の配達も必要になってきますので、薬剤師が配達に出ている間は薬局が手薄になってしまう時間もでてきてしまいかねません。

 

このようにブランク明けや未経験の方がゆっくりマイペースで働きたいと思われていても、それが難しいような環境の店も存在するのです。
このようなことも視野に入れながら、ご自身のペースで働くことが本当に可能な店かどうか慎重に見極めていただいたうえで職場を決めていただければと思います。

 

 

 

せっかく再就職したのに、あまりにも忙しい店に入ることになってしまい、「もう働くのはやめよう…」と思われる方はよくいらっしゃるようですので(私のまわりにもいらっしゃいました)、そのあたり参考にしていただければと思います。

 

まとめ

派遣薬剤師

かしこい薬局の選び方についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

これから少しでも長い間働いていたいとお考えの方は、再就職にあたって無理のない範囲で働くことができるような職場を選んでいただくことが大切だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

今回の記事をぜひ参考にしていただき、よりよい職場に巡り合っていただくことができましたら幸いです。