薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

主婦の方必見!薬剤師の派遣と社会保険※130万円の壁※

派遣薬剤師

薬剤の資格をお持ちの主婦のみなさんは、家計の足しにするのに派遣ってどうなのかな?と考えることはありませんか?

 

でもやっぱり103万円と130万円の壁って気になりますよね。所得税?社会保険??「なんかややこしくて…正直、よくわからな〜い!」って諦めてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

もちろんそのあたりご存知の方も多いのではないかと思うのですが、再確認していただくという意味でもぜひご覧いただければと思います。

 

 

103万円の壁と130万円の壁とは?

主婦の方がパートに出ることになった時にまず考えておきたいのが、この『103万円の壁と130万円の壁』ですよね。本来、これらのお話をする際にはいろんな所得のお話しをする必要があるのですが、ここでは薬剤師の方に向けたお話ですので、薬剤師としての収入のみという前提でお話を進めていきたいと思います。

 

 

103万円の壁

派遣薬剤師

いろんなところで目にする機会はあっても、表現がややこしくて結局わからずじまいになってしまいがちなこの103万円の壁。38万円だとか65万円だとかいろんな数字が出てくるからややこしいんですよね。

 

結論から申し上げると、配偶者の収入が103万円を超えてしまうと配偶者控除が受けられなくなってしまい、所得税を支払う必要が出てくるということです。ここではこれがすべてだと思ってください。(ちなみに100万円を超えると住民税を支払う必要が出てきます)

 

厳密には不動産所得や譲渡所得など何らかの所得がある場合はここに所得として関わってきますので別途説明が必要になってきますが、先ほどもお話ししたように、通常あまりそのような収入のある方自体が少ないですよね。このあたりを含めて話をされることが多いのでややこしくなってしまうんです。

 

なのでここでは単純にパートや派遣での収入が103万円(住民税は100万円)を超えてしまったら所得税を払わなければならないんだなと理解しておいてもらえれば良いのではないかと思います。

 

ただ、個人的には住民税や所得税はあまり高額ではないため、そこまで気にされなくてもよいのではないかとも思います。額にはよりますが、110万円の収入で2〜3万円、120万円の収入で6万円ほど引かれてしまうという程度ですので、世帯全体の収入として極端に下がってしまうということはまずありません。(主婦の方が時給で計算をされると結構引かれてしまう印象を受けてしまうかもしれませんけどね…。「必死で働いたあの2日は無駄働きだったの〜?!」といった具合に…)

 

ちなみに平成30年以降は少し制度が変わり、ご主人の合計所得が1000万円を超える場合は配偶者控除が受けられなくなりますので注意が必要になります。

 

 

130万円の壁

派遣薬剤師

次に130万円の壁についてですが、収入が130万円を超えると今度はご主人の扶養からは完全に外れてしまい、所得税の支払い義務にさらにプラスして社会保険の支払い義務が生じてきます。ここで言う社会保険とは厚生年金と健康保険のことです。

 

つまり年間130万円の収入があった場合、年間129万円のそれに比べると、カグンと手取りが下がってしまい、十数万円も損をしてしまうということになってしまうのです。

 

具体的には…

 

年間の収入を129万円で抑えた場合の年間の手取り額はおよそ124万円。

 

年間の収入が130万円であった場合の手取り額はおよそ109万円。

 

つまり単純にこれだけ見ると15万円あまり手取り額が減ってしまうことになるのです。

 

厳密にはご主人の手取り額にも影響してきますので、世帯全体の手取り額としてはもう少し下がってしまいます。

 

厚生年金を負担することで、将来もらえる年金額が少し増えるからいいじゃないかという話もよく聞きますが、本当に年金がもらえるのかどうなのかも怪しくなってきましたからあまりアテにはできないですよね。

 

ちなみに最近できた106万円の壁や新制度の150万円の壁などの話もでてきていますが、一定以上の従業員数などの条件があったり、実際に130万円の壁がなくなるわけではないので、ここではあまり触れないでおきたいと思います。

 

 

どのような働き方をすれば損をしないの?

派遣薬剤師

さて、それではどのような働き方をすれば損をしないのでしょうか。

 

ここでは派遣薬剤師(すべて時給2500円で考えていきます)を中心にお話しさせていただければと思うのですが、「税金で取られるなんてアホらしい!一銭も無駄にしたくない!」という方は収入が100万円よりも少ない額になるように調節していただく必要があります。

 

この場合はMAXで年間399時間です。だいたい月に32時間、1週間で言うと8時間ほどの勤務時間で良いということになります。

 

 

次に「ちょっとでも手取り額を増やしたいけど、そこまで働き詰めになるのはイヤ」という方はどうでしょうか。このような方は限りなく130万円に近い働き方をしていただければ良いのではないかと思います。ただしちょっとでも130万円を超えてしまうと社会保険の負担がドーンとのしかかってきますので、かなりの注意が必要です。その点は派遣薬剤師であれば時間のコントロールがしやすいのでお勧めです。

 

年間の収入が129万円になるように働こうと思えば、年間516時間です。

 

ということは、月に40時間+α、週に10時間程度働けば良いということになります。

 

 

「次に引かれる税金なんて関係なくガンガン稼ぎたい!」という方は、130万円をちょっと超えるような働き方をしてしまうと手取り的には大幅に損をしてしまうことになってしまいますよね。

 

そんな方の目指していただきたい年収は、最低でも150万円以上。

 

年間600時間。月に50時間以上働ければ超えてくる計算になります。

 

これらの計算はすべて時給2500円で計算しておりますので、あくまで参考程度といったところですが、残業のことも考えなければならないパート勤務に比べると派遣薬剤師では比較的計算がしやすそうですよね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は103万円の壁や130万円の壁を意識した働き方を考えてみましたが、参考にしていただくことはできましたでしょうか。

 

考え方は人それぞれだとは思いますが、より納得のいく働き方をしていただくことができましたら幸いです。