薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

知っておきたい派遣薬剤師のメリット・デメリット

派遣薬剤師

さてみなさんは、派遣薬剤師のメリットやデメリットについて考えられたことはありますか?

 

少し時間に余裕ができてきたという主婦の方や、趣味に時間を割いたり、習い事をしてみたいとお考えの方などにとって、派遣薬剤師という働き方はやはり魅力的ですよね。

 

今回は、そんな派遣薬剤師のメリットやデメリットについてぜひ一緒に考えてみましょう。

 

 

派遣薬剤師のメリット

時給が高い

派遣薬剤師

何と言っても派遣薬剤師は時給が高いというのは有名な話ですよね。うまく探すことができれば時給3500円以上も夢ではありません。なかには4000円、5000円もの時給で働いているような方もいらっしゃいます。

 

あまりにも収入が高いので、扶養の範囲内で働こうとされているような主婦の方は要注意です。むしろ下手に扶養の範囲内で働こうとせずに、健康保険や厚生年金などの社会保険料を負担するような働き方をした方が、将来の年金額が増えるというメリットもありますので良いかもしれませんね。ただし、年収が130万円を少し超えるだけの働き方だと手取り額がガクッと減ってしまいますので要注意ですよ。

 

そのあたりは『主婦の方必見!薬剤師の派遣と社会保険※130万円の壁※』でも詳しく説明していますのでぜひご覧ください。

 

 

曜日や時間の融通が利きやすい

例えば『週4日・8時間ずつしっかり働いて、残りの3日はゆっくり過ごす』といった働き方も派遣なら可能です。仮に時給が3000円の職場で働いたとすると一週間の収入が96000円。単純に4週間働けば384000円もの月収になります。

 

週休3日もあれば、趣味や何かチャレンジしたいことなどに時間をたっぷりつかうことができるのではないでしょうか。

 

いろんな職場をみることができる

派遣薬剤師

短い職場で3ヶ月、最も長い職場でも3年を超えて同じ職場で働き続けることができないよう法律で定められている派遣薬剤師ですが、長く派遣薬剤師として働くとなると、実にたくさんの職場を目にすることになります。

 

チェーン店で働いている方や、数店舗をラウンドしているような薬剤師の方も異動や応援などによって様々な職場を見ることができるとは思うのですが、あくまで社内でのこと。一方、派遣薬剤師に関しては『別の会社の様々な職場』になりますので、また違った経験をすることができます。このような経験ができるというのも派遣薬剤師のメリットのひとつではないでしょうか。

 

 

いろんな人に出会うことで人として成長できる

様々な職場に行くということは、それだけ多くの方と接する機会があるということです。そこにいる方々はきっといろんな経験を積んでこられた薬剤師や医療事務の方たちでしょう。

 

人によって考え方は異なるとは思うのですが、やはりいろんな人と仕事ができるというのは勉強にもなりますよね。たくさんの発見があって、きっと人として成長できるはずです。

 

 

派遣薬剤師のデメリット

ひとつの職場で長く働き続けることができない

派遣薬剤師

薬剤師としてのやりがいを地域貢献や地域密着と捉えられているような方にとっては、派遣薬剤師の働き方はデメリットがあると言わざるをえません。

 

たとえどんなに良い職場であっても、どんなに長く働き続けたいと思っても、派遣薬剤師である以上は契約に限りがあります。患者さんと仲良くなり、その患者さんのためにもっといろんなお役に立ちたいと思っても、いずれはその場から離れなければなりません。

 

そのあたり割り切ることができないと、ちょっとやりがいを感じられないかもしれませんね。

 

 

中・長期的なビジョンをもった仕事に関わることができない

例えば翌年の学会発表のために発表内容を考えたりデータを取ったり…といった共同作業が必要な場面に、派遣薬剤師の方はなかなか参加できません。そもそも翌年の学会の時期にはその職場にいないと考えるのが普通ですので、たとえ協力はできたとしても最後の発表の場まで一緒にいることができないかもしれません。

 

薬剤師としてのやりがいをどこに感じるかというのは人それぞれだとは思うのですが、そのような経験ができないということをデメリットと感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

祝日の多い月はそのぶん単純に収入が減ることも

仮に月曜日の勤務が多いような職場だと、ハッピーマンデーの影響で休みが多くなってしまう恐れがあります。そうなると単純に収入が減ってしまいますよね。

 

そんな時は、祝日のある週は他の曜日でも働けるようにしてもらうなど、調整してもらえないか派遣会社の担当の方に相談してみると良いかもしれませんね。

 

 

最悪の場合、無収入になるおそれがある

派遣薬剤師

薬剤師不足の地域はまだまだ多いのですが、まれに次の派遣先がなかなか決まらずに今の派遣先の契約が終了してしまうなんてことも可能性としては考えられます。そんな場合は無収入になってしまう恐れがあります。

 

そのようなことになってしまわないためにも、もし派遣の収入のみで生活していこうとお考えの方は、なるべくいくつかの職場をかけもちするような働き方をしていただいた方が良いのではないかと思います。

 

仮にひとつの職場での契約が終了しても、また次の派遣先が決まるまでの間は他の派遣先の収入でまかなえば良いというわけです。

 

 

まとめ

派遣薬剤師

派遣薬剤師のメリットやデメリットについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

同じ内容でも、メリットと感じる人もいればデメリットと感じる人もいるかもしれませんが、参考にしていただくことはできましたでしょうか。

 

みなさんが今後の働き方を選択するうえで、少しでも何かのお役に立つことができましたら幸いです。