薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師の今後について

派遣薬剤師

みなさん、やっぱり派遣薬剤師の今後ってどうなるのか気になりますよね。

 

薬剤師そのものが飽和状態になるかもしれないと言われて久しいですが、実際に薬剤師飽和時代がやってきた時に、はたして派遣薬剤師に需要はあるのでしょうか。それとも完全になくなってしまっているのでしょうか…?

 

2017年現在において、派遣薬剤師はパート薬剤師に比べると時給が高く、自由度が高いというのは良く言われますし、みなさんもご存知なのではないかと思うのですが、いつまでそのような好待遇が続くのでしょうか?

 

今回はそのあたりを踏まえたうえで『派遣薬剤師の今後』について考えてみたいと思います。

 

派遣薬剤師の現状

それではまず、派遣薬剤師の現状について確認してみたいと思います。

 

今の時給相場はだいたい2300円〜3000円ぐらいが多いと言われていますが、求人や働き方などについてはどうでしょうか。

 

絶えず募集がかかっている

派遣薬剤師

『派遣薬剤師』とインターネットで検索してみても、たくさんの求人案件がズラリと出てきます。

 

なかには時給4000円、5000円という求人も目にしますよね。これが当たり前に表示されるというのが現状なのではないかと思います。「派遣をすればこれぐらい稼げるんだなぁ」となんとなく想像してしまう、ということはみなさんあるのではないでしょうか。

 

曜日、勤務時間、自由度が高い

土日休み、午前勤務のみ、夕方からの勤務のみ、休みたい曜日を好きなように指定できる…などなど、派遣薬剤師は比較的自由に働けるという印象が非常に強いですよね。

 

転職サイトなどに登録しておき、担当者に希望を伝えておけばその希望に合った案件を選りすぐって紹介してくれます。また、派遣で働きながらさらに次の案件も視野に入れつつプライベートの予定を立てることも可能です。

 

少し色眼鏡で見られることも

派遣薬剤師

派遣は時給が高く、自由度が高いというメリットがある一方で、何となく『派遣』という響きに対してあまり良く思っていないという方がいらっしゃるのも事実。

 

これは『派遣社員』や『派遣切り』というような、世間で少し話題になり社会問題化したイメージが残っていることがあまり好印象を与えない要因になっているのではないかと思います。

 

ここで言う『派遣社員』と『派遣薬剤師』はまったく別モノであり、薬剤師に関しては派遣切りなどに合って仕事がなくなり、路頭に迷ってしまうといった心配をする必要はまったくないでしょう。

 

 

 

それでは次に派遣薬剤師の今後について考えていきたいと思います。

 

派遣薬剤師の今後

これからの派遣薬剤師について、時給相場は調剤報酬のマイナス改定、薬価改定によるさらなる薬価差益の縮小などから考えても、今よりもベースが上がっているということは考えにくいでしょう。

 

しかしながら、本当に薬剤師飽和の時代はやってきているのでしょうか?『派遣薬剤師、募集ナシ』というような時代はやってくるのでしょうか?

 

募集は限定的になっている可能性も

インターネットで検索をかけた時に出てくる案件はひょっとするとかなり偏りが出てきているかもしれません。

 

最近、薬学部新設ラッシュの影響で、都市部ではやはり少しずつですが薬剤師が飽和してきている地域も見られるようになってきました。これからも都市部から人が出ていくことは考えにくいため、派遣薬剤師を募集しなくても人が充足しているような時代になることが予想されます。

 

しかし一方で、郊外や都市部からかなり離れた地域では相変わらず人手不足の状態が続いていると考えられます。この辺りを狙い続ければ、案件がなくなってしまうということは考えにくいでしょう。

 

今と変わらず自由度の高い状態は維持される

派遣薬剤師

派遣薬剤師の募集がかかっている職場においては、確実に人手が不足しており、とにかく薬剤師という人材が欲しいもの。

 

例えば午後の時間帯に派遣の募集をかけていたとしても、午前勤務希望の派遣薬剤師が応募してきた場合、社員の勤務時間を午後にずらすなどして調整をかけたうえで午前勤務の派遣薬剤師を雇うなど考えるものです。

 

つまり、派遣薬剤師として希望の曜日や勤務時間があった場合に、派遣先が調整して受け入れてくれるということも可能なのです。このように、人手不足の職場では比較的自由度の高い働き方は維持されるのではないかと思います。

 

派遣薬剤師という働き方の認知度の向上、定着化

実は、派遣薬剤師という働き方が法的に認められるようになってから、まだ20年も経っていないのはみなさんご存知ですか?

 

この20年弱の間に様々な法改正もあり、薬剤師が派遣で働けるような環境もどんどん整ってきました。これからさらに法改正が行われる可能性はありますが、少なくとも今の若い世代の薬剤師の方にとっては派遣薬剤師という選択肢は特別なものではなくなっている可能性もあります。

 

企業も人手不足の時は現場の薬剤師に無理を強いるばかりではなく、派遣薬剤師を積極的に募集するかもしれません。それが従業員満足の向上にもつながるということも考えられます。

 

このように、社会的な認知度の向上によって派遣薬剤師という働き方が定着化する時代がやってくることも考えられます。多少時給が高くても、需要と供給のバランスさえ保つことができれば積極的に取り入れる企業も出てくるでしょう。

 

まとめ

派遣薬剤師

派遣薬剤師の今後についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

マイナス改定の時代において、さらなる高時給を期待するのは難しいかもしれませんが、それは正社員であってもパートであっても同じこと。少なくとも派遣薬剤師という働き方が無くなってしまうということは考えにくいでしょう。

 

特にこれから派遣薬剤師をしてみようとお考えの方は、参考にしていただくことはできましたでしょうか。

 

派遣薬剤師という働き方を選択される場合、それが一時的であったとしても長期的であったとしても、ご自身の将来を見据えたうえで、より良い選択をしていただくことができましたら幸いです。