薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師であっても『在宅』を経験しておくメリットとは

派遣薬剤師

派遣薬剤師として勤務されている方や、これから派遣をしてみたいとお考えのみなさんは、『在宅』に対してどのような考えをお持ちでしょうか?

 

「派遣だから別に在宅なんてしなくていいや」という気持ちって正直ありませんか?「いま勤務している薬局では在宅をしてないから、そもそも在宅自体必要なの?ピンとこないよ」という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、超高齢化社会を迎えるにあたって、今後在宅医療に対する需要はますます増えていくことでしょうし、薬剤師として働いていくうえで『在宅』は避けては通れないと言っても過言ではありません。

 

今回は『派遣薬剤師が在宅を経験するメリット』についてお話していきたいと思います。

 

そもそも、派遣薬剤師でも在宅って経験できるの?そのメリットは?

 

まず結論から申し上げますが、もちろん派遣であっても在宅は経験できますし、当然メリットもあります。

 

さらに、まったく在宅の経験がなくても大丈夫です。在宅の経験がないから派遣で採用されないなんてことはまずないでしょう。そして、派遣によって在宅の経験を少しでもしていれば、もし将来的に在宅を行う必要が出てきた際にその経験が必ず活きてくることでしょう。なぜなら在宅というのは少し特殊だからです。

 

派遣薬剤師

外来業務のように薬局内だけで完結するものでは当然ありません。患者さんとの契約や、医師・ケアマネージャー、訪問看護師との連携、報告書・計画書作成業務…などなど、法律で義務化されているものがたくさんあります。しかし、そのような一連の流れは、少しでも経験しておくとどのようなものかだいたい理解することができます。

 

また、派遣でいろんな職場を見る機会があれば、異なる会社のやり方を見たり、複数の店舗の在宅業務を経験することができるでしょう。これは非常に大きなメリットです。

 

いくつかの派遣先で在宅を経験することによって、個人宅や施設在宅の違い、薬剤管理方法のノウハウなど非常に貴重な経験ができる場になります。これらのことは経験しないより、経験しておくにこしたことはありませんし、みなさんにとっても貴重な財産になるはずです。

 

例えば将来、転職しようとした際に、「在宅の経験があります」と言うことができるだけでもかなり大きなメリットがあると言えます。なぜなら、まだまだ在宅業務の歴史自体が浅い会社が多いので、そもそも転職先の会社が在宅のノウハウをまったく持ち合わせていないなんてこともよくあります。しかし今後は、企業としても在宅は避けて通ることができません。じっさい在宅経験のない会社に所属している薬剤師の方は、在宅経験の少ない方が多いもの。そんななかで、「在宅経験あり」という薬剤師が応募してきたならば、「ぜひ入社して欲しい!」と思ってくれる可能性は高いですよね。給与交渉に関しても有利にはたらく可能性だってあります。

 

このように、在宅をおこなっている薬局を経験するメリットは非常に大きなものになるのです。

 

調剤薬局の薬剤師は、在宅でどんなことするの?派遣だとどうなるの?

実際に派遣薬剤師でも在宅を経験するメリットがあるということがお分かりいただけたのではないかと思うのですが、「そうは言っても何をするのかまったく見当が付かないから不安だ」という方もいらっしゃいますよね。

 

薬剤師の在宅に関連する記事などを目にする機会はあっても、必要なことは『医薬品全般の知識、注射薬、往診同行、処方提案…』などなど、外来業務だけではなかなか経験することがなかったような単語が並んでおり、「経験がないから自信がないよ…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。でもどうか安心してくださいね!そのあたりは、あまり過剰に心配する必要はありませんよ。

 

派遣薬剤師

すべての知識を持って、どんな質問に対しても問題なく対応できるような薬剤師の方はなかなか存在しませんし、派遣薬剤師として勤務しているのであれば、難しそうな往診同行なんかは社員さんにお任せしちゃうというのもアリです。

 

むしろ、長期間勤務する予定がない派遣薬剤師の方は、Drの往診に同行するのには少々無理があります。同行中に「この薬置いてる?」というようなDrからの質問がよくあるのですが、その質問に対して店の採用薬が頭の中にないと、誰でも即答できませんよね。また、店に在庫が無かった際に、その薬を採用するのか、代替薬を提案するのか…など、少し難しい判断をする必要がある場面も出てきます。その度に店に連絡して指示を仰ぐといった時間はありませんし、Drの前でそんなことをいちいちするというのは現実的ではありません。

 

このように、往診同行や処方提案といった踏み込んだ在宅業務に関しては、派遣薬剤師の方が対応するのは少し無理がありますので、基本的にはそのような仕事を任されることは限りなく少ないでしょう。

 

しかし、在宅業務の一連の流れと言うのは少なくとも見ることができますので、何が必要なのか、どういった知識や対応が求められるのかなどを知る機会にはできます。そしてこれは非常に貴重な経験になるのです。

 

まとめ

派遣薬剤師

いかがでしたでしょうか。

 

派遣薬剤師であっても在宅を経験しておくメリットがあるということについてお話してきましたが、ご理解いただくことはできましたでしょうか。

 

将来的に超高齢化社会を迎える日本にとって、在宅医療というのは絶対に欠かせない業務でもあります。派遣であっても実際に在宅を経験をすることが、将来必ず活きてくることでしょう。そしてその経験がみなさんの薬剤師としての価値も高めてくれる可能性だってあります。

 

今回の話に少しでも興味を持っていただいたという方は、ぜひこの機会に在宅も経験できるような派遣先も検討してみてくださいね。