薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師体験談13(休憩室では悪口大会!?編)

今回はご夫婦そろって薬剤師だというOさん(女性)にインタビューすることができましたのでお届けしたいと思います!ひょっとしたら今回はみなさん、「あ〜、あるある〜。」って感じで見ていただけるのではないかと思います。これから転職を考えているという方は、改めて薬局の人員構成や構造、規模なども要チェックですよ!

 

 

 

ココからインタビュー↓↓↓↓


藤原ナオヤ(以下F):「Oさんこんにちは!今日はよろしくお願いします!」

 

Oさん:「よろしくお願いします〜。」

 

F:「それではさっそくなんですけど、Oさんは派遣薬剤師をされていたということですが、どうして派遣をされることになったんですか?」

 

Oさん:「結婚してからしばらくは仕事をしていなかったんですけど、マイホーム購入を機に少しでもローン返済の足しになればと思ってパートを始めたんです。でも、やっぱりもっと稼ぎたいなぁって思うようになって…。で、そんな時『派遣は時給が高い』ということを聞いてやってみようかなぁと思ったのがきっかけですね。」

 

F:「なるほど〜マイホーム購入がきっかけですか。いいですね〜。でもローンも大変ですよね…。」

 

Oさん:「そうですね〜。まあ35年ローンで組んだので、まだまだ先は長いですね。」

 

F:「まあそうですよね〜。さて、本題ですけど、派遣ではどんなところで働かれてたんですか?」

 

Oさん:「小さな調剤薬局です。薬剤師の社員さんが2名と、あとは事務の方が2名。まあ結論から言って、とても息苦しいところで働いていたという感じですね。」

 

F:「へ〜、どんな感じだったんですか?」

 

Oさん:「普段の会話が最悪のとこでしたね。口を開けば誰かの悪口。特に休憩室は悪口しか言ってないぐらいの状況でしたね。」」

 

F:「そうですか〜。まあ多かれ少なかれそのような状況はどんな職場にでもあるのではないかと思いますが…。結構ひどかったんですか?」

 

Oさん:「いや、ひどいなんてもんじゃないですよ。休憩は基本的にみんな一緒にとるんですけど、1時間の休憩のうちほぼず〜っと誰かの悪口を言ってるんです。卸さんの悪口、患者さんの悪口、本社の方の悪口…。例えば卸さんのネクタイの柄のことだけで1時間しゃべってたりしましたね。私自身、悪口は言うのも聞くのもめちゃくちゃ苦手なので、ホントに最悪な居心地でしたね。」

 

F:「キツいですね〜。休憩をみんな一緒にとるってのもめずらしい薬局ですね。なんか…逃げ場がないっていう感じですか?」

 

Oさん:「そうですね。まさにそんな感じです。逃げ場がないとはまさにこのことだと心底思いました。店の構造も独特で、調剤室の隣の部屋が休憩室なんですけど、それが結構広くて、店の人数ぶん以上の数のデスクがあって、そのデスクが両サイドの壁に沿っておかれているんです。だからみんな壁に向かってご飯を食べるという感じ。それがまた雰囲気独特でどこ見てご飯食べていいのかわからない感じ。ずっと壁を向いて黙々と食べていたら、なんか無視しているような気持ちになってしまうので、それなりに会話に入ってる風を装ったりしないと気持ちが暗くなっていくような…。まあそんな空間でしたね。」

 

F:「う〜ん…確かに独特ですね〜。なんかその空間…想像を絶します。でもそんな数のデスクがなんで置かれているんでしょうね??」

 

Oさん:「なんでも、もともとはそこで会議を行うとかで、たくさんデスクを購入したみたいなんです。でも実際はそんな使い方はされず、向かい合わせてデスクを置いておくのも邪魔だから壁に向かって置かれるようになったらしいです。そしていつしかそれが定着していったって感じでしょうか。」

 

F:「う〜ん、なんかいろいろあったんですかね…。でもなんで会議をするのに長机じゃなくてデスクなんだろう…。ちなみに薬局のスタッフ間の仲はどうだったんですか?」

 

Oさん:「いや、それが一番しんどかったんですよ〜。スタッフ同士の悪口は絶対に言わないんです。ただ、逆に褒め合って必要以上に持ち上げ合っているというか…。そしてそれに常に同調を求められるというか…。でも、本当のところはどう思ってるのかまったくわからないって感じで…。まあかなり気疲れしましたね。」

 

F:「いや〜なんか聞いててもしんどくなってくるような感じですね。入ってみないとわからない部分はあると思いますけど、薬局の構造や休憩のとり方ってのも意外と大事ですよね。ちなみに派遣会社はどこにされたんですか?」

 

Oさん:「う〜ん、派遣会社というか…。私の知り合いの知り合いの薬剤師の方、つまり私はあんまり面識のない病院薬剤師の方なんですけど、その方が片手間に派遣業もやっていて、それで紹介してもらったんです。いろんな大きな派遣会社があることを当時はよく知らなくて、困ってる薬局があるから働かないかってお誘いがあって。派遣という形だから時給は良いよって言われて、詳しいことはよく聞きもせずに『いいですよ』って言っちゃったんです。」

 

F:「へ〜。そんな形で始められたんですね。確かに派遣業を片手間にしている薬剤師の方は意外といるみたいなんですけど、なんか変なとこに行くことになっちゃったんですね。」

 

Oさん:「そうですね。ホント気持ち的にしんどかったですね。」

 

F:「いやいや、お疲れさまでした。まあ派遣先を選ぶのも大事ですよね。今日はどうもありがとうございました!」

 

Oさん:「ありがとうございました〜。」

 


 

インタビューは以上です。