薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師体験談10(失敗しちゃった編)

今回は20代の女性薬剤師Kさん(体験談1とは別のKさんです)にインタビューすることができましたのでお届けしたいと思います!派遣薬剤師として僻地で働かれた経験のある方ですが、ご本人いわく「失敗しちゃった」ということでした。これから派遣薬剤師として働いてみたいとお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います。それではインタビューです!

 

 

ココからインタビュー↓↓↓↓


藤原ナオヤ(以下F):「Kさんこんにちは!今日はよろしくお願いします。」

 

Kさん:「よろしくお願いしま〜す。」

 

F:「ではさっそくなんですけど、なぜKさんは派遣薬剤師をしようと思われたんですか?」

 

Kさん:「単純に時給が高いからですね〜。それ以外理由はないですよ。」

 

F:「なるほど〜。確かに一般的に派遣だと時給は高い方だと思うんですが、いくらぐらいで働かれていたんですか?」

 

Kさん:「時給は3500円ですね。」

 

F:「お〜スゴイ!!ちなみにどこですか?神戸の北の方?(今回は神戸市内でのインタビューでした)」

 

Kさん:「いえ、島根です。島根のなかでもいわゆる僻地と言われるところですかね。出身は奈良なんですけど、別に住む場所にこだわりも無いし、稼げるんだったらどこでもいいかなぁって感じで。」

 

F:「島根か〜。ボクはあんまり詳しくない土地だなぁ。引っ越しとか大変だったんじゃないですか?住む場所は確保してくれたの?」

 

Kさん:「はい。引っ越し代も住居費も全部会社負担ってことで。それだけでラッキーって浮かれちゃって即決しちゃいましたね。行ってみてホント散々な思いをしましたけど。」

 

F:「そうなんだ〜…。散々な思いって、職場環境ってこと?」

 

Kさん:「そうですね。基本的に社員1人+パートさんの店だったんですけど、管理薬剤師の方が休めていないとのことで、お休みされる日はけっこう私一人でまわさないといけない日が多かったので大変でした。特に1か月に2回、40人の施設調剤があってそれがかなり大変だったんですけど、急遽Dr都合とかで診察の日程が変わって、私が1人の時にその施設調剤が来てしまって…。泣かされちゃいましたね。」

 

F:「え〜…!?それは大変な思いをされましたね。事前にある程度情報は聞いてなかったんですか?」

 

Kさん:「1人調剤のことはあるけど、基本的に患者さんの数が少ない時や、午後診が休みの日などを選んでしてもらうので安心ですって聞いてたのに、実際は違ってました。それだけでも不満に思ってたんですけど、施設調剤まで1人でするとなるとホントまわらないどころか患者さんに怒られまくりました。」

 

F:「う〜ん…最悪だったんだね…。」

 

Kさん:「はい。もう二度とあんなところには行きたくないです。紹介会社の担当の方にも言ったんですけど、『たま〜にそういうこともあるんですよね〜今後そんなことが無いように言っておきま〜す』って軽く返されてしまいました。」

 

F:「え〜それこそホントに最悪だね。どこの紹介会社?」

 

Kさん:「@*◎△ってとこです。」

 

F:「@*◎△…。内部事情はあんまり詳しく知らないけどそんな紹介の仕方してるんだ…。対応も最悪だね。」

 

Kさん:「はい。まあ百歩譲って、施設調剤の日が急遽変わったのはタイミングが悪かっただけかもしれませんが、担当者の対応のいい加減さにはとことんウンザリしました。」

 

F:「担当者ってホント大事だよね〜。対応の仕方ひとつでこっちの気持ちも変わってくるのにね。」

 

Kさん:「ホントそうですよね。」

 

F:「あとは島根で派遣薬剤師として働いてみて実際どうでしたか?」

 

Kさん:「う〜ん…。正直まわりに何もなくて、休みの日が苦痛でしたね。まあ事前にそんなことも調べておけば良かったのかなぁと今となっては思いますけど。ただ時給が高いからって飛びついてはいけないなって感じました。あ、島根自体が悪いわけではないと思いますけど…、私には合わなかったって感じですかね。」

 

F:「まあ確かに人によってはそんなのどかな環境がピッタリって人もいますからね。1人薬剤師が好きっていう薬剤師の方もいますしね。」

 

Kさん:「そうですね。今回は私にとっては失敗しちゃったなって感じでした。今はコッチで社員として働いてますけど、将来結婚して子育てをする時には派遣はアリかもって思っています。だから今回こういう経験をして良かったって思います。次からは慎重に紹介会社選びからしようとも思いますしね。」

 

F:「確かに経験されたことは大変だったでしょうけどきっと将来的には役に立つと思いますよ!ぜひこれからもご活躍ください!」

 

Kさん:「はい、頑張ります!」

 

F:「今日はありがとうございました!」

 

Kさん:「ありがとうございました!」

 


 

インタビューは以上です。

 

今回は失敗しちゃった事例をお届けすることになりました。

 

今回のKさんのように時給が高いからと言って職場環境や周辺環境のリサーチもままならないうちに職場を決定してしまうと、結果として納得のいく働き方からは少し遠ざかってしまうかもしれませんね。

 

相性の良い担当者に出会い、納得のいく働き方を追求することがいかに大事かということを改めて思い知らされたインタビューでした。

 

ただし、最終的に働く場所を決定するのはみなさん自身ですから、ぜひ失敗の無い職場探しを心掛けていただけたらと思います!