薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

こんな『使えない派遣薬剤師』はイヤだ!

派遣薬剤師 使えない派遣薬剤師

ちょっと表現はキツいかもしれませんが『使えない薬剤師』と言わざるを得ない方っていますよね。実際に一緒に働いてみてはじめて「使えない薬剤師だな」と感じた経験はみなさんもあるのではないでしょうか。

 

そんななかでも気になるのが派遣薬剤師。派遣薬剤師と言えば即戦力になってほしいと期待して採用する場合がほとんどなのではないかと思うのですが、いざ雇ってみたら「使えない派遣さんだった…」となると余計なストレスがかかり、ただでさえ派遣薬剤師を雇うぐらい忙しい職場なのに、不満がさらに倍増してしまいますよね。

 

派遣薬剤師は特に短期間で結果を出すことが求められる場合が多いもの。
今回はそんな『使えない派遣薬剤師』について考えてみたいと思います。

 

 

そもそも使えない派遣薬剤師って具体的にどんな薬剤師?

基本的に薬剤師は学生時代から成績が良く、頭のキレる方が多いため、ある程度のプライドを持って働いている方が多いものです。そんな環境で育ってきたこともあり、『使えない薬剤師』とレッテルを貼られてしまうような薬剤師の方もご自身では『できる薬剤師』と思っていることが多いもの。まあ一緒に働いている方からすればやりにくい理由の一つですよね。

 

それでは具体的にどのような派遣薬剤師が『使えない』のでしょうか。

 

自分のしたい仕事しかしない

派遣薬剤師 使えない派遣薬剤師

薬局には様々な仕事がありますが、誰にでも「できればしたくないな」と思う仕事ってありますよね。そんななかでも互いにフォローし合いながら働いていきたいもの。

 

しかしなかには「それは私の仕事じゃない」「え?そんなことしないといけないの?」「それは社員の仕事でしょ」というように、店長判断でお願いした仕事も露骨に敬遠する派遣薬剤師の方もいます。社員がする仕事なのか、派遣薬剤師にお願いしてもよい仕事なのか…。職場では様々な要素のもとで判断をし、役割分担をしていくものですが、それを「自分がしたくないから」という理由だけで断るような派遣薬剤師は『使えない』というレッテルを貼られてしまいます。

 

 

『患者さん最優先』ができない

例えば不足薬が出た場合に他の薬局へ分譲に行くことってありますよね。みなさんも患者さんを少しでもお待たせしないように、何よりも最優先に考え分譲に行くものではないかと思います。
仮にその薬局に慣れていなくてもこれは調剤薬局の常識ですよね。しかしある派遣薬剤師の方に分譲をお願いした際に、「わかりました!」と言って急に歯を磨きだしました。「え?何で今、歯なの?早く分譲に行って下さい!」と言ったのですが、「だって外に出るのに。歯を磨かないと。」と返事されました。キョトンとしちゃいますよね。さすがに注意指導をしたのですが、「いや、でも…」と言い訳をされる始末。このようなことが度々あると、『使えない』と思ってしまいます。

 

 

こちらから指示を出さないと本当に何もしない

外来の慌ただしい時間帯が終わった後、ただその場に立ち尽くしているといった派遣薬剤師の方もいます。そう、『ただ立っている』のです。

 

まだ職場に来て1週間程度であれば何をすべきかわからずに戸惑うこともあるかもしれませんが、1か月、2か月と経つと話は違ってきます。勤務時間である以上、ただ立ち尽くしているという姿を何度も見せられると『使えない』と解釈されてもおかしくありません。「自分は派遣だから」と指示を出されるのを待つのではなく、自らできることを探し、わからなければ聞くなどしてもらいたいものです。

 

 

知識があまりにも乏しく、簡単なことも判断できない

派遣薬剤師 使えない派遣薬剤師

監査・投薬をそこそこのレベルでこなして欲しくて、調剤薬局経験10年以上のベテランの派遣薬剤師の方を採用した時の話なのですが、この方もかなり大変でした。
例えばセルベックスを服用中の患者さんにムコスタが処方された時の話なのですが、新人であれば併用可能かどうか確かめる為に指示を仰ぐということはあるかもしれませんが、10年以上のベテランがいちいち聞いてくるというのは明らかにおかしなことですし、「そんなことぐらい自分で判断してよ!」と叫びたくなるレベル。このようなことが度々あると当然『使えない』と思われてしまいます。

 

 

欠勤がやたら多い

病気や、身内の不幸など誰にでも休みが必要な時はあります。しかし、しょっちゅう「体調が悪くて…」と言って休まれたり、「弟の引っ越しの手伝いで…」など、明らかに自己都合と思われる理由で休んだりされると、休み方によっては『使えない』と思われかねません。
休むのは権利ですし休むこと自体は悪いわけではないのですが、特に派遣薬剤師の方はかなりアテにしてシフトを組んでいるところがありますので、まわりのことも考えずに自分のことだけを考えて休みをとられてしまうと現場は困ってしまいますし、『使えない』と思ってしまいます。

 

 

批評家を気取っている

派遣薬剤師 使えない派遣薬剤師

実際には自分では行動しないのに、「ここをもう少しこうすれば良くなるのに」「俺(私)だったらこうするけど」「この会社は考え方がおかしい」「ここの店長は仕事ができない」などなど他人や会社を批判するばかりの方。
意見を出すことは大事ですし、業務改善をしていくことは職場にとっては必要なのですが、ただ批評・批判ばかりしているだけだと『使えない』どころか嫌われちゃいます。特に派遣として期間限定で働きに来ている方が職場の批判ばかりをしてこられると、一緒に働いている人たちはただただ気分が悪いですよね。『使えない』どころか「もう来なくていい」となってしまいかねません。

 

 

派遣薬剤師に求めるものとは

派遣薬剤師 使えない派遣薬剤師

「派遣だから別に嫌われてもいい」「働きに来てやっている」
こんな感覚で働かれてしまうと一緒に働くスタッフにとっては非常にやりづらく、「使えない薬剤師だなぁ…!」となってしまいますよね。

 

派遣薬剤師に求めるものはいろいろあると思いますが、実際にはどんなことがあるのでしょうか。

 

  • 監査・投薬ともに1人で判断してこなしてくれる
  • お願いごとに対して嫌な顔をせず素直に応じてくれる
  • まともな人間性の持ち主である

 

…といったところで、おそらくこれは「最低でもそうあって欲しい」と願うレベルの話です。

 

もちろんすべてを完璧にこなせる人などなかなか存在しないかもしれませんが、少なくとも意識をするということは大切になってくるでしょうし、意識をしたうえで派遣として入ってきてほしいものです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は『使えない派遣薬剤師』について考えてみました。

 

もしこれから派遣薬剤師として働こうと考えている方がいらっしゃれば、今回の話を参考にしてもらえれば幸いです。