薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師体験談8(ちょっぴり人間関係に疲れちゃった薬剤師編)

今回インタビューさせてもらったMさんは、調剤薬局で派遣薬剤師をしている目鼻立ちがくっきりした鹿児島出身の40代の女性です

 

ココからインタビュー↓↓↓↓


藤原ナオヤ(以下F):「Mさんこんにちは!今日はどうぞよろしくお願いします!」

 

Mさん:「よろしくお願いします!」

 

F:「ではさっそくなんですけど、いろいろお伺いさせていただきます!Mさんはどうして派遣薬剤師として働いてらっしゃるんですか?」

 

Mさん:「ん〜、まぁひとことで言えば人間関係に疲れたから、ですかね。」

 

F:「ほ〜そうなんですね。人間関係…。もう少し詳しく聞かせていただけますか?」

 

 

Mさん:「はい。以前は正社員で働いていたんですけど、なんか気を遣うのに疲れたというか…。例えば女性特有かもしれませんが、裏でお互いの悪口を言い合ったりするのを耳にした時に同意を求められて困ることってしょっちゅうあるんですよね。ちょっと譲り合えば何でもないようなことでも、毎日顔を合わせて長い時間一緒に働いているとお互いの嫌な部分が見えてきてしまっていつしか雰囲気が悪くなっていく…。そんな繰り返しに疲れてしまったんです。」

 

F:「なるほど…。まあ調剤薬局なんて、ちっちゃな店の中で少人数がある意味『逃げ場もなく働く』という環境がほとんどですもんね。確かに何か些細なきっかけでもバランスが崩れやすいということはありますよね。ボクも経営者の立場から、しょっちゅう人間関係のトラブルによって辞めていく人を見ましたし、人並みには苦労してきた方だと思うので、おっしゃることはよくわかりますね〜。」

 

Mさん:「そうですね。まあそんなこんなで転職を決意した時に、一人薬剤師で働くということも考えたんですけど、お休みが満足に取りにくかったり、一人だと何かと不安な面もあったので、結局派遣薬剤師という選択をしました。」

 

F:「いろいろと考えてこられて今の働き方にたどり着いたという感じですね。派遣薬剤師として働いてみて実際はどう感じてますか?」」

 

Mさん:「はっきり言って気楽ですね。私は別に出世意欲もないし管理薬剤師になりたいとも思っていません。なので、どうせ一般薬剤師として働くなら社員で働くよりも派遣で働いた方がいろんな人間関係に悩まされることもないし、気を遣ってもらえるしすごく楽なんです。」

 

F:「なるほど〜割り切ってる感じですね〜。ちなみにどんなペースで働かれているんですか?」

 

Mさん:「独り身だし、老後のお金も貯めないといけないということもあるので、最近は週に5日ペースで働いています。派遣を始めたころは週3日ペースで働いていましたが、やっぱり暇があればそれだけお金を遣っちゃうし、全然貯まらなかったですね。」

 

F:「今は結構貯めることができているんですか?」

 

Mさん:「そうですね。まあそれなりに自分の中で節制しながら貯金していってますので確実に少しずつ貯めることはできていると思います。」

 

F:「キッチリされてますね〜!確かにこれからは年金もどうなるかわからないですし、老後のことも考えながら働いておかないと不安ですよね。ちなみに派遣会社はどこに登録されてるんですか?」

 

Mさん:「リクナビとアプロドットコムとメディカルプランと…あと何だったかな。登録はしたものの、まったく連絡の無いところもありました。」

 

F:「へ〜結構いろいろと登録されてるんですね。まあ紹介会社によっては派遣にはあまり強くないところもありますし、扱ってる案件が紹介会社によってまったく違ったりしますからね〜。複数登録しておくことはとても重要だと思います。連絡がまったくないというのはちょっとどうかと思いますけど…。ちなみに派遣薬剤師として働きだされてから、途切れることなくコンスタントに働くことができているんですか?」

 

Mさん:「そうですね〜途切れたことはないです。週5日同じ職場で働くこともあれば、週2日と週3日の職場を組み合わせて働く…といったこともあります。案件自体はコンスタントに紹介していただくことができていますし、あまり職場を選んでいるわけではないのでそのあたりは大丈夫ですね。」

 

F:「やっぱりまだまだ薬剤師の需要はかなり高いですよね〜。ちなみに人間関係でやっぱり嫌だなぁ〜って感じることはありませんか?」

 

Mさん:「そりゃこの人合わないなぁということもあれば、もともと人間関係の最悪な職場に派遣されることはあります。でも基本的にその職場でずっと働くわけではありませんし、割り切って働くことができますので、正直ホントに気が楽なんです。薬剤師の仕事自体は好きですし、もちろん短期契約だからといって適当に働くということはしませんので、そのあたりはどんな職場に行っても感謝されながら働くことができていると思っています。基本的に人間関係のいろんな黒い部分は見えますけど、いっさい首をつっこまないようにしているんです。首をつっこんでもロクなことはないですからね。」

 

F:「なるほど〜。上手に働くことができているんですね。人それぞれ考え方は様々だとは思いますけど、ボク自身もそのような働き方はアリだと思います。むしろそんな働き方がMさんには合っていたのかもしれませんね。」

 

Mさん:「私もそう思います。社員じゃないといけないとか、派遣はなんか違う目で見られるとかいろんな世間体というものはあると思うんですけど、最近はそんな昔ながらの固定観念というもの自体が薄れてきているのではないかと感じていますし、薬剤師という職業に変わりはないわけですから、私にとっては本当に良い働き方だと思っています。」

 

F:「そうですか〜これからもご活躍くださいね!貴重なお話をありがとうございました!」

 

Mさん:「こちらこそありがとうございました!」

 

 

 


 

インタビューは以上です。