薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

派遣薬剤師の実際の手取り額はいくら?

派遣薬剤師 手取り

高額時給と言われる派遣薬剤師。実際の手取り額がどれぐらいになるのかちょっと気になりますよね。

 

派遣薬剤師として働きながら、自由気ままに長期で休んで海外旅行を楽しんだり…。そんなふうに、「自由な働き方がしてみたいなぁ」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でもそんな生活に憧れてはみるものの、やはり先立つものが無いと夢は叶いませんよね。

 

家賃も払わなきゃいけないし、将来の為に貯金もしておきたい…。「う〜ん…そんなに都合のいい働き方なんてできないよね…」って簡単に諦めてしまっていませんか?

 

でもちょっと待ってください。諦めてしまうのはまだ早いですよ!

 

そんな働き方が実現可能かどうかちょっと一緒に考えてみましょう。

 

 

派遣薬剤師って実際どれぐらい稼いでいるの?時給はどれぐらい?

派遣薬剤師

派遣薬剤師としてちょっぴりお得に働いている薬剤師の方はここ数年で少しずつ増えています。

 

転職の際、「いったん派遣薬剤師で働いてみる」といった選択をしている薬剤師の方もよく見かけるようになりました。

 

「とは言っても派遣なんて…」

 

と迷っている方も実際にはたくさんいるのではないかと思うのですが、チラホラ目にする高額時給はやはり魅力的。

 

一般的な派遣薬剤師の相場でも時給2500円以上であることがほとんどで、3000円以上もザラにあると言われています。

 

なかには4000円〜5000円、もしくはそれ以上の時給を手にしている薬剤師の方もいらっしゃるんですよ。うらやましいですよね。

 

ただし、そこまでの高額時給を実現しようと思えば、普通に求人広告などで探すというだけでは難しいと思います。

 

派遣薬剤師として働いている方はたいてい紹介会社に登録しているとは思うのですが、その紹介会社もピンからキリまでたくさんの会社が存在します。情報が溢れていて、どこが派遣に強くてどこが良心的な会社なのか正直判断するのは難しいですよね。

 

実際、派遣に弱い紹介会社に登録して必死で探してみても、良い案件にはなかなか巡り合うことができません。

 

当サイトで紹介している紹介会社は特に派遣薬剤師に強い会社を載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

時給別、手取り額シミュレーション

それでは実際に派遣薬剤師で働いた時にどれぐらい稼ぐことができるのか、シミュレーションしていきたいと思います!

 

週5日、1日8時間勤務した場合(ここでは月間160時間で計算しています)の年間手取り額はいくらになるのでしょうか。都道府県や年齢等によって違いはありますが、ここでは40歳未満、東京都で計算してみたいと思います。(40歳以上になると介護保険料を納めなければならなくなりますので、参考程度に載せてあります。)

 

時給2,500円の場合

ひと月の支給額400,000円(年収4,800,000円)

 

健康保険20,315円
介護保険0円(40〜64歳で3,383円)
厚生年金37,273円
雇用保険1,200円
所得税11,850円
住民税18,871円

 

実際の手取り月額310,491円

 

実際の手取り年収3,725,892円

 

 

時給3,000円の場合

ひと月の支給額480,000円(年収5,760,000円)

 

健康保険23,288円
介護保険0円(40〜64歳で3,878円)
厚生年金42,728円
雇用保険1,440円
所得税17,490円
住民税24,404円

 

実際の手取り月額370,650円

 

実際の手取り年収4,447,800円

 

 

時給4,000円の場合

ひと月の支給額640,000円(年収7,680,000円)

 

健康保険32,207円
介護保険0円(40〜64歳で5,363円)
厚生年金56,364円
雇用保険1,920円
所得税37,740円
住民税35,801円

 

実際の手取り月額475,968円

 

実際の手取り年収5,711,616円

 

 

時給5,000円の場合

ひと月の支給額800,000円(年収9,600,000円)

 

健康保険39,144円
介護保険0円(40〜64歳で6,518円)
厚生年金56,364円
雇用保険2,400円
所得税6,5840円

 

実際の手取り額586,793円

 

実際の手取り年収7,041,516円

 

 

以上、ザッと計算してみたらこのような結果になりました。

 

派遣薬剤師 年収

実際に上記の時給で1年間働き続けるということが実現可能かどうかは別にして、やはり月額の手取りだけを見てみてもかなり魅力的な数字が並んでいます。年収で見るとかなり高額ですよね。

 

数ヶ月という短い期間働いただけでも結構な収入になるのではないかと思いますので、派遣薬剤師という働き方を選ぶ人が増えているというのも納得できます。

 

今回は月160時間という最も一般的な勤務時間で計算してみましたが、これは正社員の勤務時間で考えると残業ゼロと同じこと。「もっと長い時間働けるよ!」という方は当然上記の収入よりも高くなることが考えられますので、あくまでこのシミュレーションは参考程度に考えていただけたらと思います。

 

みなさんも少しは具体的に、ご自身の生活スタイルにこの手取り額を落とし込んで考えていただくことができましたでしょうか。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

手取り額を具体的に考えてみることで、少しは現実的にどのような生活になるのか想像していただくことができましたでしょうか。

 

派遣薬剤師という働き方が気になっている方は、今回のシミュレーションを参考にしていただければ幸いです。