薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

薬剤師派遣体験談5(結構転職しまくり編)

 

今日は共通の友人の紹介でインタビューさせて頂くことになりました、Tさんです。

ちょうどTさんが大阪に出向く用事があると言うことで、僕も神戸から大阪に出てきました。

今、JR大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪の喫茶店です。

では、さっそくTさんにインタビューしてみたいと思います。

 

ココからインタビュー↓↓↓↓


藤原ナオヤ(以下F):「Tさん、こんばんは!今日はよろしくお願いします。遅くならないようにどんどん伺いますね。よろしくお願いします。」

 

Tさん:「よろしくお願いします」

 

F:「では、Tさんの大学ご卒業からこれまでのざっくりとした略歴をお願いします。」

 

Tさん:「はい。私は出身は岐阜県で、大学は名古屋市立大学薬学部でした。それで卒業後は○○○(某外資系製薬メーカー)でMRをしてました。だいたい3年間くらいです。」

 

F:「お〜、名古屋市立大学ですか〜、優秀ですね。で、○○○でMR。確かに○○○は女性MR多いですもんね。」

 

Tさん:「それでやっぱりMRが嫌になって退職し、実家の岐阜県に戻って調剤薬局に就職しました。そこでご縁があって、○○○時代の同僚の男性と結婚して神戸に引越しました。そこで△△の臨床開発に派遣CRAとして勤務しました。」

 

F:「結構、引越し多いですね(笑)ちなみに派遣元ってどこだったんですか?」

 

Tさん:「テンプスタッフです。」

 

F:「どうしてテンプスタッフに登録されたんですか?」

 

Tさん:「特に理由はなかったんですが、なんとなくですかね・・・・」

 

F:「MR経験されて、調剤薬局も経験されてたら、だいたい調剤薬局に派遣薬剤師として勤務しそうですが、なぜ臨床開発だったんでしょうか?」

 

Tさん:「う〜ん、以前勤めていた調剤薬局が退屈だったからですかね・・。あまり頭を使わない感じで嫌でした(苦笑)」

 

F:「知的好奇心をそそられなかった?確かにルーチン作業の連続ですもんね」

 

Tさん:「そうですね。それに個人薬局だったんで企業というか会社って感じがしなかったんです。以前の勤務先が外資系MRだったので、余計にそのあたりに違和感を感じました。」

 

F:「なるほど。それでその後はどうされたんですか?」

 

Tさん:「そのあと、主人の転勤に伴って東京に引越しました。そこでまた別の会社でCRAとして派遣勤務しました。そこで数年お世話になって、そのあとまた主人の転勤に伴い仙台に引越しました。そこでも再びCRAとして働いてるうちに、妊娠したのをきっかけに退職しました。」

 

F:「MRって一箇所に留まる期間が長くなったとはいえ、多いですよね。昔は3年で転勤でしたが今は5年くらいは転勤しないんです。これは転勤には会社側にコスト負担がかかるからなんですが、さすがに○○○はリッチですね。

それで、お子さんが小さい間は専業主婦だったんですか?」

 

Tさん:「はい、主人は平日夜遅いですし、土日も家を空けることが多いので、共働きは無理だと思いました。それで仙台から横浜に転勤になって、3年前から調剤薬局に勤務し始めました。」

 

F:「調剤薬局には派遣勤務ですか?」

 

Tさん:「いえ、この転職は普通にパート勤務でした。」

 

F:「なぜ、嫌がってた調剤薬局に?」

 

Tさん:「個人的にはCRAが楽しいのですが、仕事がハードですし、チームワークが大切な仕事ですから残業や出張も日常茶飯事です。子育てしながらできる仕事ではないと思い、調剤薬局を選択しました。」

 

F:「なるほど。調剤薬局のパートだと残業もほとんどないですし、仕事もそんなにハードではないですもんね。」

 

Tさん:「そうですね。子育て中の主婦にはもってこいの仕事です。」

 

F:「この転職には薬剤師転職サイトを使いましたか?」

 

Tさん:「はい。」

 

F:「どの転職サイトですか?」

 

Tさん:「クラシスです」

 

F:「今、ヤクジョブってサービス名なんですよ。それでどうしてクラシスを利用されたんですか?」

 

Tさん:「話が前後するんですが、仙台に引越したときに派遣勤務したのはクラシスの紹介だったんです。それで、その時の担当者がすごく良かったので、横浜で調剤薬局を探す時にまたクラシスにお願いしました。」

 

F:「今回もいい感じでしたか?」

 

Tさん:「それがハズレでした(苦笑)。どうも担当者と合わなかったんです」

 

F:「やっぱり会社と合う合わないもありますけど、担当者も大事ですね。それでその後はどうされたんですか?」

 

Tさん:「勤務したのが地場の調剤薬局チェーンだったんですけど、処方せん1日100枚前後を薬剤師5人で捌く薬局だったんですが、条件面で微妙にズレがあって・・・。クラシスの担当者に対する不信感もあって、1年経たず辞めました。そのあとすぐに横浜の病院薬剤師にパートで勤務しました。ここでもどこか転職サイトを使ったんですが、ちょっと記憶が定かじゃありません。」

 

F:「結構、転職されてますね。それでその後は落ち着いたんですか?」

 

Tさん:「いえ、病院も1年足らずで辞めました。それで今度はしっかり職場を選ぼうと思い、薬剤師転職サイト3社に登録しました。」

 

 

F:「ははは、極端ですね。どの会社に登録したんですか?」

 

Tさん:「リクナビ薬剤師とm3キャリアとクラシスです」

 

F:「やっぱり一応クラシスにも依頼したんですね(笑)で、どんな感じで話が進んでいったんですか?」

 

Tさん:「まず、今度はm3キャリアの担当者がイマイチでダメでした。それでクラシスは担当者はよかったんですが、対応が遅くてダメ。リクナビ薬剤師は担当者もいい感じでレスもすごく早くて、翌日担当者と打ち合わせて2社の面接が決まりました。

 

リクナビ薬剤師の担当者と打ち合わせた2週間後に2社面接、その内1社からは不採用の連絡をリクナビを通じてもらいました。
結局、残りの1社で採用となり、3日前から勤務してます。」

 

F:「調剤薬局の採用に落ちるって珍しいですね・・・(苦笑)転職しすぎて警戒されたんですかね〜。とにかくうまく転職出来て何よりです。今の職場はどうですか?」

 

Tさん:「今のところまだ1週間も経ってないので何とも言えませんが、当面頑張るつもりです。」

 

F:「一応、このインタビューは派遣薬剤師になろうって方のためのものなんですが、転職回数も多いですので、派遣薬剤師を考えている方、転職を考えている方に何かアドバイスをお願いします。」

 

Tさん:「え〜っと、まず転職サイトのコンサルタントはいいことしか言わない、と思っておく。自分の頭で、派遣にせよ、転職にせよ、何がメリットで何がデメリットなのかをはっきりさせておく。紙にかいておくのがいいと思います。

そしてコンサルタントと合う、合わないがあると思うので、合わないと思ったらすぐに別の会社を利用する。転職してしまった後もその職場が自分に合わないと思ったら躊躇せずすぐに辞める。転職なんて何回してもOK!こんな感じですかね」

 

F:「Tさん、今日はどうもありがとうございました!」

 

Tさん:「ありがとうございました」

 

 

調剤薬局経営者としての藤原の個人的な感想・・・・。

確かに転職先が合わなければやめても構いませんが、彼女の場合はちょっと安易すぎるかな・・・と感じました。

経営者の立場で言わせてもらうと、ちょっと気に入らないことがあるとすぐに辞める薬剤師が多すぎると思うんです。

Tさんが面接で1社不採用になった理由が僕にはわかります。

きっと採用側が「またどうせすぐに辞めるだろうな・・」と警戒したんだと思います。

 

薬剤師を1人採用するコストって、パートでもかなりかかるんです。

そして採用して、業務に支障が出ないように新人と教育係の分まで2重にお給料を払って教育して、やっと戦力になったと思ったら、「辞めます」では困るんですよね。