薬剤師派遣会社評価ランキング|薬剤師派遣

薬剤師派遣会社の選び方 知っておくべきこと!

派遣薬剤師

たくさんあるようで実は薬剤師の派遣を請け負っている薬剤師派遣会社は限られています。

他のサイトで薬剤師派遣会社ランキングを見たことがあるんですが、「そこは薬剤師派遣やってないんだけどな・・・・」ってのもありました。(苦笑)
登録した会社が実は薬剤師派遣業務をやっていなかった・・・なんてことがないように以下のランキングの中から無料登録してくだされば間違いないです。

もし派遣薬剤師という雇用形態でなく、正社員の薬剤師を希望される方は私の運営している「薬剤師の求人 失敗しない薬剤師の転職」の転職サイトランキングを参考にしてくださいね。こちらの方が薬剤師の転職サイトの選択肢はぐっと広くなります。

以前、職場の薬剤師が派遣で来ていたので、元受会社を聞いたら聞いたことないような会社でした。やはり自分の身を置く会社ですからちょっと大きめの会社の方がいいですよね?
このサイトでは一応、安心してご紹介できる規模の会社を大前提にしてランキングに入れてあります。
 ところで派遣薬剤師についてちょっと雇用形態の簡単な説明だけしておきます。

派遣薬剤師で働くということは、皆さんが今からご紹介する派遣元受会社に籍をおいて、そこから派遣先薬局に派遣されて行くという形なんです。社会保険年金も派遣元に加入します。
付け加えますと紹介予定派遣というのもありまして、こちらは一定期間派遣された後(例えば1年間)に皆さんが非常にその職場を気に入った!!なんて場合は、皆さんと派遣元会社と派遣先会社の三者が契約期間後に合意すれば、皆さんは派遣先薬局に正式に就職⇒正社員へという流れの派遣契約です。
ただ薬剤師の場合は紹介予定派遣を利用するまでもなく、最初から正社員で働いてみてダメならすぐに転職する方がよい気がします。

薬剤師派遣会社ランキング!!

前置きが長くなってしまいました。それでは行きましょう!!薬剤師派遣会社ランキング!!

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは御存知、日本調剤グループの会社です。日本調剤は薬剤師の社内教育に大変力を入れている会社で、ファルマスタッフにもその強みを導入しています。
 
ファルマスタッフさん経由で勤務されてる派遣薬剤師さんを結構見かけますね。
 薬剤師が派遣先で生じた疑問をファルマスタッフ専属の薬剤師が丁寧にフォローしていく仕組みを持っています。ちょっとブランクがあったり知識面で自信がない方には至れり尽くせりのフォロー体制を整えています。

 

 

ファルマスタッフ

 

アプロドットコム

アプロドットコム

今、姉妹サイト「薬剤師の求人 失敗しない転職・就職のコツ」の方で実際に薬剤師転職サイトを利用した薬剤師のクチコミ投稿を募集しているのですが、
派遣薬剤師としてアプロドットコムを利用されてる方の満足度が非常に高いですね〜。回答中、派遣で働いている方の中で利用者が一番多かったです。とにかく理屈抜きに派遣先が多いですよね?

 

 

5年連続で「薬剤師求人数日本一」の実績で9万6千件の求人を持ってるだけのことはあります。実は僕も薬局を開業させる前にアプロさんにお世話になったことがあります。家から通えてしかも時給4500円のオイシイ仕事でした(笑)。

 

薬剤師の人材紹介も業歴16年の老舗で信頼性は抜群。交渉力も強いですし、まず間違いのない会社だと思います。薬剤師の方で派遣登録する方はまずココを押えておきましょう。アプロドットコムを利用して派遣薬剤師をされている薬剤師のインタビュー記事はコチラ

 

 

アプロドットコム

 

薬キャリ

薬キャリ

【薬キャリ】は医療系人材紹介業界で有名なエムスリーキャリアが運営しているサイトです。

 

地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅していて、職場環境や社風、人間関係に至るまで調査しているため、入社後のミスマッチが少ないのも特徴です。現在29社の薬剤師求人サイトと提携しており、エリア、雇用形態にかかわらずカバー範囲は広いですね。

 

また高額の案件が多いのも特徴で、年間利用者数7000人以上の実績があるのも頷けます。穴場の派遣先を探すこともも可能ですので、まずは無料登録だけでもしておきましょう。

 

薬キャリ

 

 

 

 

 

派遣薬剤師のメリット

「勤務条件」が選びやすく、プライベートや家事・育児との両立がしやすい

正社員になってしまうとどうしても家庭と仕事のバランスをとるのが難しくなりますよね。特にお子さんがいらっしゃる場合はなおさらです。
転勤で家から遠い勤務先になったり、レセプト時期や患者さんが増える季節には残業が増えて帰りたい時間に家に帰れない。
派遣社員であればそんな心配はいりません。自分のライフスタイルに合った職場を探すことができます。

 

短期間でいろいろな職場を経験できる!

薬剤師の方はよくご存知だと思いますが、ひとつの薬局で就職してしまうと経験できる処方せんの内容は極端に限られます。
個人の開業医さんの門前薬局であれば特にワンパターンなものなりがちです。派遣社員なら一定期間ひとつの職場を経験すればまた次の派遣では別の職場になりますので、ひとつの会社に在籍するよりもはるかに多くの処方せんを経験できます。
また大きな門前薬局(忙しくて人の手が足りないということなのですが・・・)への派遣が多いので非常に勉強になりますよ。

 

「働く時間」「働く期間」が選びやすく、働き方の自由度が高くなります。

派遣薬剤師の場合は自分で希望する勤務時間を選べます。例えば、「私は朝苦手なので、お昼から夜までの勤務がいい」とか「私は毎日習い事があるので夕方3時までの勤務がよい」などです。
また将来的に海外留学やワーキングホリデーなどを考えていらっしゃる方は、毎日英語のレッスンを欠かせないですし、いざ渡航の時に退職しやすい環境を手にいれたいでしょう。派遣薬剤師ならすべて可能です。

 

派遣なら、高時給の収入も嬉しいポイントです。

薬剤師の時給は他の業種の時給と比べても高額ですが、派遣薬剤師に関してはさらに高額になるケースが多いです。
地域にもよりますが、2500円から高いところで3000円くらいでしょうか・・・・。

 

煩わしい人間関係に悩まされることがなくなる!

実はこの人間関係のトラブルが嫌で派遣薬剤師を選択される方が結構いらっしゃいます。
正社員やパートであれば、毎日辞めるまでずっと同じ職場です。しかし派遣薬剤師は一定期間が来れば自動的に退職できますし、その派遣期間も自分で設定することができます。また少々辛いことがあっても「あ、私派遣薬剤師だから、〇月△日で派遣期間終了だわ・・・」と思えば意外に精神的に余裕が出てくるものなのです。過去に人間関係のトラブルがトラウマになっていて、メンタル的に弱い方も派遣薬剤師という選択肢を考えてみてはどうでしょうか?

薬剤師派遣の注意点

薬剤師の派遣先選びはまず条件を明確にすべし!

意外とおろそかにされがちな派遣先の希望条件。時給が高いに越したことはありませんが、時給だけではありませんよ。
しっかりと自分の希望条件を明確にしましょう!色んな調剤薬局で勉強したいために派遣社員を選択する薬剤師の方もたくさんいらっしゃいます。

社会保険や年金、薬剤師賠償責任保険はどうなってるの?

もちろん大丈夫です!!ただ派遣先の社会保険に加入するのではなく、派遣元の会社の社会保険に加入します。また最近では薬剤師賠償責任保険の加入は派遣元会社が加入させてくれるのが一般的です。

仕事のブランクがあるけど大丈夫かしら?

主婦の方や子育てがひと段落した女性の方にとっては大きな悩みですね。今、薬剤師の派遣元企業はどこでも非常に手厚い薬剤師教育を行っています。
例えば、日本調剤の子会社「ファルマスタッフ」は派遣薬剤師が派遣先で疑問に思ったことやトラブルなどを選任のスタッフが対応する仕組みになっています。ですので、知識に不安がある方やブランクのある方でも安心して仕事に就くことができますよ。

もし派遣先での仕事内容が条件と違ったら・・・

実はこういうケースよくあるんです。例えば勤務時間。夕方6時までのはずなのにズルズルと残業させられる・・・。あるいは社員は投薬を行わず、派遣薬剤師がずっと投薬を行う。必然的に薬歴がたまってしまい契約の時間内に退社できない・・・などなど。
このような場合はすぐに派遣元に相談してください。まったく改善されないようでしたら、派遣元の会社を変えた方がいいですね。